リバウンドしたくない!カロリーコントロールダイエット

MENU

リバウンドと「生体恒常性機能」

ダイエットというのは、仕組みは簡単ですが実行が難しいものということができます。ダイエットの最大の障害のひとつである「リバウンド」は、ダイエット効果による体重の減少が止まった時期に、ダイエットを中断してしまうことによって引き起こされるものです。

 

人間には「生体恒常性機能」と呼ばれる一種の自己防衛機能があります。生体恒常性機能が働きはじめると、体は、より少ないカロリーでも生活していけるように筋肉量や骨量などを変化させたり、体重の急激な変化を抑えるようにしたり、骨からカルシウムを摂取したりするようになります。摂取カロリーの減少や、体重の急減、摂りこまれる栄養素の変化というようなダイエットによる変化に適応する能力が、「生体恒常性機能」です。ダイエットと、この生体恒常性機能とは、切っても切れない深い関わりがあるというわけなのです。

 

リバウンドは、生体恒常性機能が働いている状態のままで、ダイエット前と同じ食生活に戻してしまった時に起こるもので、結果として体にはカロリーがあり余る状態になります。余ったカロリーは全て脂肪として蓄えられることになるため、ダイエット前と同じ体重に戻ってしまったり、ダイエット前より体重が増えてしまったりするのです。

健康的な習慣としてのダイエット

薄着の季節が間近に迫った時期や、海やプールで水着を着る前など、即効性のあるダイエットが必要な時もあるものですが、「日々の健全で正しい食生活」という意味でのダイエットは、健康的な習慣としていつも心がけておきたいものです。

 

ダイエットには、いろいろな方法がありますが、長く継続して行うことができるという観点からダイエット法を選ぶというのも、ひとつの考え方ではないでしょうか?例えば、あまりにも極端にカロリーを制限するような方法は、体の負担が大きく、長くは続けられないはずです。また、どんなに効果の高いダイエット成分を含んだダイエットサプリメントであったとしても、価格があまりにも高いものは、経済的な負担が大きく、継続して実践することは難しいのではないでしょうか。

 

健康的な習慣としてのダイエットは、ちょっとした工夫で気軽に行うことができるというのがポイントです。一日のうちにできるだけたくさんの種類の食品をバランス良く摂取するようにすることや、食事にはゆっくりと時間をかけてよく噛むこと、また、規則正しい生活のリズムを守ることなど、ごく当たり前の心がけが、体のためにはとても重要な意味を持つこともあるものなのです。

ダイエットと体の防衛機能の関係

ダイエット中の自分の体の中ではどのようなことが起こっているかを知らないまま、自己流のダイエットを続けていれば、リバウンドしてダイエットに失敗してしまうことも多いのではないでしょうか?急いでダイエットしたいからといって、極端な食事制限をしたり、いきなり過激な運動を始めたりすることは、危険を伴うものです。ダイエットをするつもりでいても、全く裏目に出てしまう恐れがあるということをよく覚えておきましょう。

 

リバウンドなしのダイエットを成功させるためには、体の防衛機能のひとつであるホメオスターシスと上手に付き合っていくことが必要です。ホメオスターシスが機能していると、体は日々の食事から最大限のエネルギーを摂り込み、また、最小限のエネルギーで活動できるように変化していくことになります。ホメオスターシスは、1か月のうちに体重が5%以上減った時、最大限に働くと考えられています。ホメオスターシスが最大限に働くと、どんなに摂取カロリーを減らしたとしても、体重にはほとんど変化が見られないということになり、ダイエットの挫折を招く大きな要因となってしまいます。ダイエットを始める前には、この点によく注意して、計画を立てると良いでしょう。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1カードローン 審査 ゆるい10
2キャッシング 審査 ゆるい10

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1キャッシング 審査 ゆるい10
2カードローン 審査 ゆるい10